TOP|料金案内

お知らせ

保険診療と保険外診療(自由診療)の違い

保険診療はすべての人々が最低限の医療を受けられることを目的としています。しかしその範囲は狭く、より必要な治療を行うには保険の効かない自由診療にならざるを得ません。クロカワ歯科では、経済的な負担も含め自費診療と保険診療の違いを明確に説明し、患者さまと共によりよい治療を目指していきます。

下記の治療内容は保険外診療(自由診療)です。詳しくは受付窓口にて、歯の模型を使いながらわかりやすくご説明させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

かぶせ物

ハイブリッドセラミック

セラミック(陶材)にプラスチックを混ぜた材料を使ったものです。

自然の歯の色に近いので、会話の最中に奥歯が見えるような場合でもほとんど気付かれることはありません。
金属ではないので、アレルギーの心配がありません。
精度が高いため、二次ムシ歯になるリスクが低くなります。

メタルセラミック

金属にセラミック(陶材)を焼き付けたものです。

ハイブリッドセラミックと異なり、いつまでも美しい白さを維持することができます。
耐久性にも優れています。
精度が高いために二次ムシ歯になる可能性が低く、細菌がつきにくいので清潔、歯周病になりにくい素材です。

金合金

金を含んだ合金でできた材質を使ったものです。

金合金は身体との親和性が高く安全性が高いのが特徴です。
やわらかく加工が安易なため、高いフィット感と強い耐久性を得ることができます。
封鎖性が高いため、二次ムシ歯になるリスクが低くなります。

詰め物(インレー)

ハイブリッドセラミック

金合金

前歯

ハイブリッドセラミック

メタルセラミック

オールセラミック

100%セラミック(陶材)を使ったものです。

自然の歯に限りなく近くなり、大変美しく仕上がります。
芸能人の多くがオールセラミックを使用しています。
プラスチックと異なり水分を吸収しないので、美しい白さを維持することができ、磨耗がなく耐久性に優れます。

部分入れ歯

コバルトクロム義歯

チタン床義歯

磁性アタッチメント

総入れ歯

コバルトクロム義歯

チタン床義歯

磁性アタッチメント

ホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で行なうホワイトニング方法です。
個人に合ったトレー(マウスピース)を用い、家庭で薬剤を塗布して行う方法です。

オフィスホワイトニング

診療室で行なうホワイトニング方法です。
歯に薬剤を塗ってレーザーや光を当てることによって、歯を白くする方法です。

ページのトップに戻る