TOP|診療案内

診療案内

診療科目

◇一般歯科  ◇小児歯科  ◇訪問診療

診療内容

ホワイトニング、レーザー治療、予防歯科、インプラント治療

一般歯科

一般歯科当院では、きめ細やかなサービスを行っています。 いわゆる一般の歯科治療を行います。 虫歯を治療し、銀歯やレジン(プラスティック)などを詰めたり、冠をかぶせたりします。

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科乳幼児(乳歯)を主体として行う治療を総称して小児歯科と呼びます。 ウ蝕(虫歯)または歯肉炎に疾患している患者さん(16歳未満)に対しての初期治療では虫歯補填処置や金属による修復処理を行います。 また、歯髄炎を起こしてしまった患者さんに対しては、神経をとる技術処置を行います。 学童に対しては永久歯のための乳歯抜歯や小学生矯正等も行います。

フッ素塗布とは

幼若永久歯は出後、外因に対して抵抗力が弱いために虫歯になりやすいのです。 これらの永久歯保護の為に行われるのが「フッ素塗布」といわれるものを定期的に行うことで虫歯予防ができます。

訪問診療

訪問診療とは

訪問診療寝たきりや準寝たきりの要介護者に対して在宅・施設に訪問して行われる診療行為です。歯科では口腔ケア(生活ケア)を定期的に行いますが、クロカワ歯科より16km未満までが訪問診療対象です。

寝たきりや準寝たきりの患者さんに対して口腔器官の役割が生命活動の維持や生きがいに障害をもたらしていると判断された場合に口腔(生活ケア)を口腔乾燥症や口腔感染症、誤燕性肺疾患等を起因とした、症状の場合に行われます。詳細は打ち合わせをしてからになります。

主に施設からの要請により老健施設や病院等に訪問して要介護高齢者の口腔ケアを定期的に行います。また、患者さん自身や家族からの依頼でご自宅に訪問致します。

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニング写真自分の生まれもった歯を何らかの方法でより白くすることを「ホワイトニング」と言います。これらの方法にはプロによる機械的清掃法「PMTC」と化学的な歯の漂白「ブリーチング」があります。

PMTとは

プロ(歯科衛生士)により徹底的に歯面清掃を行うことがホワイトニングでは重要なポイントとなります。
歯面の余分なものが、薬剤漂白効果を十分に作用しなくなりますので、歯肉のプラークもきちんと落としていなければ効果がありません。
ブリーチング前にPMTCを徹底することでホワイトニングの効果が良くなります。

沈着物とは

沈着物はスケーリングやPMTCで対応できますが、着色や変色は外来性でない限り、内来性の場合にはブリーチングにて対応する必要があります。内来性歯質変色には歯髄変色・硬組織変色・物理的化学的変色などがあります。

レーザー治療

歯ぐきの黒ずみに悩む方も多いかと思います。 この黒ずみはメラニン色素で色の濃さには個人差がありますが、気になって人前で笑えないなんて深刻な悩みも時々耳にします。メラニン色素はレーザーで簡単に除去できます。

予防歯科

当院では、予防のために来院された方に、歯科衛生士による定期的な歯のクリーニングをさせて頂いております。

インプラント治療

歯が失われた場所に歯の根に代るもの(人工歯根)を埋めておき、それが骨としっかり付いた段階で人口の歯をかぶせ、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と美しさを回復させる治療法です。 素材はチタンで金属アレルギーの心配がほとんどなく、骨と一体化する性質があります。 部分的に抜けている方も、全ての歯が抜けてしまっている方にも、最適な治療方法です。

インプラント治療はこんな方におすすめします!

  • 一番奥の歯が抜けていて、ブリッジが出来ない。
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
  • ブリッジをするために健康な歯を削りたくない。
  • 審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある。
  • 入れ歯の着脱がわずらわしい
  • 入れ歯が気持ち悪くて装着できない。
  • 入れ歯が合わなくなった。
  • 交通事故の外傷などで歯を失ってしまった。

インプラント治療の流れ

ページのトップに戻る